生きていくのは、、、

e0261558_1232020.jpg


昨日は雨こそ夕方遅くまで大したことなく、けれど風がすごくて投げられる場所が限られるし苦労しました。

結果、浮かべたモンカゲに3アタリのみ。

けれど、確実にガボンと出たのに乗らないなんてなぁ、ありゃ、鯉に違いありません。

何しろ、浮かべたモンカゲのフライはこれまで出たけれど乗らないなんてことが一度もない

フッキングに自信のあるフライなわけで。





1週間ほど前から夕方にはそこそこのモンカゲが飛ぶようになっていて、条件が良ければ明るいうちからライズがあります。

ほとんどが鯉ですし、水面にはモンカゲが浮かんでいるわけではないのですが、モンカゲのドライで釣れちゃいます。

e0261558_123155.jpg


別にモンカゲでなくてもいいのでしょうし、サイズももしかしたら小さい方がより確実なのかもしれませんが

やっぱり、大きいドライフライにガボンと出るのは楽しいですしね。

写真の魚もそれまで沈めてダメだったところ、モンカゲが出始めて、でも水面にはモンカゲが見えなくて

小さめのカディスを浮かべていたのですが反応がなく、ドースンベ?と途方に暮れていたところ

ガボンとライズ!

その波紋の中に浮かぶモンカゲ!

救出してみると、、、、、

e0261558_1231184.jpg


哀れ、胸から下がありません。しばらくはこの状態で歩いてましたが、、、、。

そんなわけでモンカゲのフライに変えて1発目で釣れたのが上の魚。いやいや、気持ちいいこと!

哀れなモンカゲの下半身が羽化に失敗して千切れたのか食われちゃったのかわかりませんが

モンカゲが食われているのは確かなようです。

イマージャーかフローティングニンフが「正解」なんでしょうね。

というわけで、しばらくはモンカゲで遊んでみようと思います。

ちなみに、昨日はモンカゲが出始めたのがタイムリミット直前。如何ともし難く、、、、、、。






おまけ。

先日●●さんがプカプカ漂流する60オーバーを発見。一時間近く蘇生を試みたそうですがダメだったそうです。

昨日、岸際に沈んでいました。暮れの放流モノのようでしたが綺麗な魚でした。

寿命だったかもしれませんがリリースによるモノかもしれません。

重ね重ねナンですが、どうか素早く丁寧なリリースをお願いします。





その魚は生態系の中で次の命に引き継がれていきます。

e0261558_1232470.jpg


e0261558_123283.jpg


なかなか、虫も魚も鳥も、生きていくのは大変です。
by udonfly | 2016-05-04 12:37 | もっこく池
<< 今年もチヌは難しそうです 食べ納め >>