濡らしてみました ヒゲナガピューパチャレンジ2013

e0261558_19453089.jpg


e0261558_19453599.jpg


e0261558_19454180.jpg


いやぁあ、やらしくって釣れそうですなぁ。

でもこうしてみると違いがよくわかる。シルエットがかなり違いますね。

一番の反省点はボディのダビング材をもっと減らしてテーパーをきちんと出してもっと後ろから巻き始めないといけない。

それと、どうせ割れるもんだし、備前さんのも巻いているあいだに割れちゃったし、とちょっといい加減に巻いたヘンレオン。

せめて2つに割れるくらいにとどめないとあまり意味がなくなるみたい。



さて、そろそろ、川で使ってみなければいけません。

真っ昼間、なんの気配もない大淵に沈めて急浮上!とか、そこそこ水深のある瀬でごろごろごろ!とか。

イブニング?

ヒゲナガ不発なら使うけど、万が一、ヒゲナガ乱舞なんて始まるとやっぱりマドラー投げたいじゃないですか?

それに黄昏時にこのフライをキャストするのはかなり勇気が、あるいは技術がいりそう。

でかくて重くて。暗闇だとハッキリ言って凶器です。
by udonfly | 2013-05-13 20:12 | タイイング
<< 案外近くにいる尺アマゴ 物持ちが大変よろしいようで >>