アラーキー列車

瀬戸内国際芸術祭にラッピングで参加したアラーキーの「アラーキー列車」が運行を始めたようなのだけれど

ネットで調べても、どこかの親切な鉄ちゃん系のブロガーさんの所に運行予定が出ていたのみ。

とりあえず、運行表でもあるかな、と観音寺駅に行ってみた。



ちょうど特急が来る時間らしく窓口が込み合っているので待合室内をうろうろするけどそれらしいインフォメーションはない。

しばらく、外に出て駅周辺を散策して時間を潰して、特急が行ってから窓口に。

「アラーキー列車の運行表のようなものはないですか?」

「そういうものは作っていません。●△×時にホニャララけど」

「え、何?何時?」

「ですから時間ならわかりますけど」

「・・・・(だからそれを聞いとんじゃろ?ボケとんのか?)」

「・・・・・・」

「一番近いのは何時ですか?」

「11時36分発のがもうすぐ入ってきます」

「(はよ言えや!)そうですか。それは高松方面行きですか?」

「いや、多度津行きです」

「・・・・(それは高松方面ではないんかい?)・・・ありがと」



その後、入場券を買って入る際には改札のおっちゃんと一悶着あるもそのうち列車が入ってきたので穏便にその場を離れる。

んで、かばんから袋を出してカメラを、と思ったらやたら軽い。むむ、と慌てて袋を開くと、そこにはリールが。。。。。。

カメラ用もリール用も同じ黒い袋だったのと、昨日両方とももっこく池に行ったので釣り用のかばんから出す時にすでに間違ってた模様。

泣きっ面に蜂。凹みますわ。仕方ないので携帯で撮った。ま、見れればラッキーくらいだったからまぁイイや。

e0261558_19181426.jpg




反対側は地下通路を通る気力が失せていたので見ていないけど、まぁ、大差ないでしょう。

こりゃあ、アンパンマン列車を見慣れた子供なんかは泣き出すかもね。

アラーキーにしては相当遠慮してるんだろう大人しすぎる印象だけど、嫌悪感を抱く人も少なくないかもね。

あとで調べたらテーマは「エロスとタナトスの共存」だそうです。今更あらためてそんなこと言われてもなぁ、というテーマですね。



「セトゲイ」(って言うんだそうですよ、瀬戸内国際芸術祭のこと)の期間中走っているらしいので機会があればご覧ください。

ワタクシの見た11:36発の列車は、11:15くらいには入ってきましたので、20分くらいは停車しているようです。

その他の詳しいことはワタクシにはさっぱりわからなかったので、とっても親切で的確なJR四国 観音寺駅の窓口に聞いてください。

役に立たない情報で本当にスイマセン。
by udonfly | 2013-03-17 20:18 | セトゲイ
<< 時刻表発見 動かない潮とタヌ >>