<   2013年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

よいお年を

e0261558_17574241.jpg


ぐいぐい行くよ!

もうすぐ日が暮れる。今年もあと少し。急げいそげ!

e0261558_17574651.jpg


でも、時々、休むよ。

また陽は昇る(必ず)。来年もやってくる(多くの人に)。ゆっくりのんびり。
by udonfly | 2013-12-31 18:06 | イヌ | Comments(0)

追悼

e0261558_17514869.jpg


大滝詠一氏 12月30日   かしぶち哲郎氏 12月17日

ご冥福をお祈り申し上げます。
by udonfly | 2013-12-31 17:56 | その他 | Comments(0)

3度目の納竿

午前中、餅をつきました。毎年食べる人の年齢が上がり、その分消費量が減ってきます。

餡はもたれるので少なめに、総量ももちろん減らして。ということで今年は3臼に決定。

あれ、去年は2臼だったような。。。。。使いかけの餅米があったので増えちゃいました。やれやれ。

しっかり食べて太りたいと思います。



餅を丸めながら出来立てをつまみ食いしたもんで、お昼を抜いて腹ごなしにもっこく池に。

(ちなみに餡入りを4個。胸焼け・もたれ決定。相方は○個。これは特定秘密です)

●●さんと××さん先着。あまり調子は良くないようでした。天気予報に反して寒いさむい。

一旦車に戻り休憩。ああだこうだと立ち話。

e0261558_18525570.jpg


結局、水門脇でアタリ1回のみ。ワタクシ以外は1〜2匹は釣れたようです。

ま、いいんです。釣り納めはすませているので。今日はあくまでおまけの釣りですから。
by udonfly | 2013-12-30 19:13 | もっこく池 | Comments(0)

アレ?釣り納めたんじゃないの?

と言われそうですが、もっこく池に行ってきました。正味30分ほどの釣りでした。

結果、2アタリの1ゲット。60cmギリくらい。尾びれ7割くらいの多分今年のもの。

明らかに昨日の奴の方が引きが強かった。スピードとトルクが全然違います。昨日のに比べれば今日のは余裕よゆう。

ティペットも3Xにしてたし。フライは昨日と同じ。タナも岸からの距離も昨日とあまり変わらずでありました。





そんな「爆釣」フライのマテリアルをご提供いただいていた孔雀君の在りし日の勇姿。

e0261558_2051491.jpg


で、ハックルに使用したのがコレ。

e0261558_2051751.jpg


昨日「ブルーネック」と言ったけど、グリーンですね。ネックよりボディかバックに近いところのかもしれません。

あるいは個体差なのかもしれません。いずれにしても市販されている「ブルーネック」とはちょっと違います。

色以外にもファイバーが少し細く柔らかい感じです。ですが張りはありますのでハックルに使えます。

特に根元のウェブに近いあたりは途中までが黒、先の方がグリーンで、そそられる色合いです。

今のところフライを動かしている時にアタルことが多いので、このハックルが効いているんではないかと思っていますがどうでしょね。

ハックル無しや別マテリアルでハックルを巻いたのを試せばいいわけですが、現場に立つとやっぱり実績フライを結んじゃうわけで。

それにわざわざ釣れないかもしれないフライを巻くのはどうもね。それなら別のフライを巻きますわ。

というわけで、このハックルがいいのかどうかは謎のままであります。
by udonfly | 2013-12-29 21:20 | もっこく池 | Comments(0)

孔雀追悼の1本

くちゃかった洗濯機、相方がクリーニングしてくれたので、人間様が着るものがくちゃくならずにすみました。



そんなわけで荒れ模様の本日、半ばヤケクソで今年の釣り納め覚悟のもっこく池に行ってきました。

途中、みぞれがぶっはーっと降ってきて、こりゃさすがにダメか、ひっかえすか、とか思ったのですが

なんとか行き着く事ができました。冬タイヤにしてないのでゆっくりゆっくりと。

もっこく池にも少し積もっていました。

e0261558_18525837.jpg


e0261558_1853371.jpg


さすがに貸し切りです。準備しているうちに1台来ましたけど。



今日はキラーバグは封印です。おニューの(と言ってもさして珍しくもないフライですが)フライでルースニング。

10分ほどで最初のアタリ。たるんだラインではアワセが効かずたるみがとれるころにはバレてました。

その後も2回ほどアタリましたがのらず。でも、だいたいのタナと距離がわかったので釣れる気満々。

ちょっと遠目に投げて沈めてゆっくりゆっくり動かすとアタリ。すかさずアワスとすっぽ抜け。

そのままロールキャストでアタったポイントに打ち返す。着水と同時に40くらいのがバスンっと出た!

マーカーに!

ぷぷぷっ。おもろい。たまらん。

フライとティペットを時間かけて点検してほぼ同じポイントのさらにちょっと遠目にキャスト。

10秒ほどでアタリ。ゆっくりアワセると、のりました。途端に右に左に小さく往復ジャンプ!

見えた魚体が、ありゃりゃ、さっきのと違うぞ。ちとデカイ。55前後か?

リールにライン巻き込んでリールファイトをはじめた途端に沖に向いてダッシュ。1回目は止まるも2回目が止まらない。

リールが鳴いてやべやべやべ〜っと竿を持つ手に力が入っちゃってあえなくプツン。くぅ〜。

なかなか釣れない日が続くとファイトが下手になりますね。バッキングは十分巻いてあるんだから走られるままにすればよかったのに。



その後、切られたのと同じフライで3回ほどアタって1バラし。コイツは40そこそこっぽかったです。

まだまだいけそうだったけど、凍結が心配なので早めに帰ってきました。ああ、面白かったぁ。



e0261558_1853668.jpg


オール孔雀フライ。ボディはハール、ハックルはブルーネックのウェブに近い部分。巻くの簡単。低コスト。

というか、●●さんに貰ったからタダ!まだまだ在庫大量。テールやウイングもあるし。色々山ほど巻けます。

ただ残念ながら、これらのマテリアルを供給してくれていた孔雀さん。この冬、野犬か何かに襲われてお亡くなりになったそうです。

飼育の方が埋めちゃったって。形見になっちゃった。。。。。

でも埋める前にセカンダリーとか欲しかったなぁ、、、とか言うと、不謹慎ですね。大切に使いますから成仏してください。
by udonfly | 2013-12-28 19:40 | もっこく池 | Comments(0)

くちゃい!

e0261558_20295618.jpg


「あ、そのヌクいシキモンどーするん?持って行ったら寒いやん?」

くちゃいので洗うのです。

「ええ〜?まだ3週間くらいしか敷いてないで?」

そうですが、何故かくちゃいのです。

「・・・・・・・もしかして、アタシ?」

いやいや、アンタは大丈夫。ちょっとくちゃい程度です。だけど、敷物はくちゃいのです。




ということで相方が洗濯したら、今度は洗濯機がくちゃくなりましたとさ。
by udonfly | 2013-12-27 20:51 | イヌ | Comments(0)

カリロス

「あまロス」にはならずにすみましたが、「カリロス」になってしまいました。

カーリング女子のオリンピック最終予選を全試合見て以来、頭の中からあの青と赤の同心円が離れません。

自転車で走っていると「あの辺からカールしそうだなぁ」とか思ったり、「ウォー」とか「ヤップ」とか口にしてみたり。

こりゃ、重傷だわい、と思って困っていたら、先日、見かねたNHKさんがノルウェー戦を再放送してくれました。

e0261558_1921533.jpg


第8エンド。日本後攻(赤のストーン)。スキップ小笠原の最後の1投。黄色のストーンを弾き出せば大量6点の大チャンスの場面。

いやぁあ、何度見ても興奮する場面です。

録画しておけばよかったなぁ。ソチまで持たないかもしれないから。




カーリングがなんで好きかってーと、ゲームの面白さはもちろんだけど、選手(特に女子)のスポーツ選手っぽくないところが特に好き。

ゲーム中の抑えてはいるんだろうけど出てしまう喜怒哀楽の表現もわかりやすいし、マイクが拾う会話も自然。

選手のインタヴューって、どうも「型」があるようで、聞いていて正直まったくつまらないんだけれど

彼女たちの話し方はとても自然で親しみやすく好感が持てる。「カーリング娘」と呼ばれた頃からずっと。母親になった今も。

人気のプロスポーツと違ってTVでのインタヴュー機会が少ないからかなぁ。マイナースポーツだからかなぁ。

だとしたら、「カーリング娘」が日本のカーリング選手は「かくあるべし」というお手本みたいなものになったのは

とてもラッキーだったのかもしれないと思う。

メジャースポーツになって欲しいけど、その時「かくあるべし」が変わってしまうとしたら魅力半減してしまう気がする。

とか心配はいらないか。そうそうメジャーにはならんわなぁ。
by udonfly | 2013-12-26 19:27 | その他 | Comments(0)

年賀はがき騒動記

e0261558_1851440.jpg


うちの近くで最も大きな年賀はがき販売店でインクジェット用紙(写真用)を昨日購入。

本日、試し刷りしてみたらインクがのらない。よくよく調べたら染料系インク専用。うちは顔料系。

仕方ない、交換なりなんなりしてもらわないと今日中に出せない。販売店に向かう。



とりあえず窓口で事情を話すと、開口一番「返金はできません」。プチっと何かの音がする。

「じゃ、交換は?」「できます」「じゃ、年賀切手に交換してください」「.....」

窓口のおばはん、となりのちょっと若い兄ちゃんに「切手に交換できますか?」と聞いている。

兄ちゃん、壁に貼ったマニュアルだかなんだかを指差して何か言っている。

どうやら結論が出たようだ。兄ちゃん、こっちに来て「返金も交換もできないんですよ」プチっとさっきより大きな音がする。

「いや、ちょっと、待って。話聞いてくれる?確かに写真用ということで確認して買いました。

でも、染料系専用という説明はしてないでしょ?聞かなかったこっちが悪いの?

いや、仮にこっちの確認ミスだとしてもなんで交換できないの?できるって言ったでしょ、今」

と、兄ちゃんに話してたら、何かの画面を見ていたおばはんが、俯いたまま「やっぱり交換はできませんね」

ブッチンっとはっきりと聞こえた。何かが切れたようだ。

「出来るって言ったり、出来ないって言ったり、どっちなん?だいたい人の話をちゃんと聞いてんのか?さっきから言ってるように、、、」

人が話てるのに兄ちゃん「課長呼んで」とかおばはんに言ってる。で、こっちはほったらかし。おばはん退場。

しばらく待つと「課長」登場。「えーと、こちらの用紙の件だそうですが」え〜、また一から説明するの?

おばはんに「あんた、説明もしてないのか?」そしたら「これを返金しろと言うことで、、、」

おいおい、事実が歪んでるぞ。「ああ、もうアンタはいいわ。自分で説明するわ」

・・・・・・・以下、略。



返品・返金できないなら売る時に言わなければならない。またその理由はハッキリ言わなければならない。

そもそも、返品・返金できないことじたい納得できない。ましてや説明不足で売ったものの返品・返金を受けないなんて商売、聞いた事無い。

家電量販店で自分で選んで買ったわけではない。窓口で買ったのだ。

するべき説明もしないでおいてまるで自己責任だと言わんばかりの態度は何なのか?

で、交換もできないのは何故かの説明もしない。そもそも人の話をちゃんと聞かない。

そんなんなら、窓口に人がいる必要などない。ぬいぐるみでも置いておけ!

ということを「課長」に申し上げた。おばはんと兄ちゃんはよそ向いて知らん顔。結局2人から一言も謝罪はなかった。

もう、いい。ソンするけど金券屋にでも売りに行くわ!と言おうかと思ったけどそこまでは言えなかった。次は言ってやろ。



どーせ、自分たちのことは棚に上げて、人のこと、クレーマーか何かのようにぶちぶち言ってるんだろうな。気分悪いなぁ。

あ、そんなわけで、今年も期限までに投函できませんでしたので、元旦には届かないと思います。どうもすいません。
by udonfly | 2013-12-25 19:37 | その他 | Comments(1)

きな子とカレー

e0261558_18413885.jpg


お昼すぎに近くの大型スーパーに「きな子」さんに会いにいそいそと。

ラジオ主催?の募金イベント?なのかな?途中ラジオの生放送もあったようです。

30分ほどの間、1回も立たず、伏せず、吠えず、大勢の人にパシャパシャ撮られ、触られてもジッと我慢していました。

e0261558_18414048.jpg


終了間際。ちょっとお疲れの様子。ご苦労様。



で、帰りにカレーを食べに、これまたいそいそと。

カレー屋「冬椿」の「夏カレー」(左)と「冬カレー」。

e0261558_18414584.jpg


うまい! ちゃんとしてます。次回、「牛すじのハヤシライス」を食す予定。ま、間違いなかろうと思います。

窓際の席に座ってぼんやり外を見ていると、庭木の枝が風でゆうらゆらと揺れています。

プランターのツル草もさわさわと揺れています。

遠くの田んぼ道を黒ラブを連れた夫婦?が散歩しています。口の周りが少し白くなっているのがかろうじて見えます。

なんか、悪くないなぁ、と思います。ちょっとうまく言えませんが。居心地がいいというかなんというか。

e0261558_1954878.jpg


お店の駐車場から、遠くに本山寺の五重塔が少し見えます。

さっき写真を見ていてふと言葉が浮かびました。「捨てたもんじゃない」

そう、多分、お店で感じていたのはそんな感じです。

また、少し、気持ちの背筋が伸びた気がします。

さ、お腹がすいたので、5日目のカレーで晩飯です。これもまた、捨てたもんじゃない。
by udonfly | 2013-12-24 19:21 | その他 | Comments(0)

ソーヤーニンフチャレンジ2013 キラーバグ編 終了

e0261558_185121100.jpg


別に完成ってわけではないのだけれど、今日、1匹だけど釣れたので、一応の締めくくり宣言。

今日釣れたのもキラーバグだから、というわけではないけれど、●●さんも××さんもほげったようなので

とりあえずは「勝利宣言」しちゃおうかな、と。うひひひひ。感じ悪い?悪いよね、うっひー!



キラーバグで釣ったのはこの冬2匹だけだけれど、共通しているのは動いている時に喰ったこと。

ワタクシとしては水に濡れた時の透明感やヌメっとした感じなんかの、ようするに「見た目」がとても虫っぽくて

それが釣れる要因だと思っていたのだけれど、流れがなくほとんどフライが動いていない時にはアタリもなかったわけで

となると、「見た目」で釣れるわけではない、ということになりそうな気がする。

ほんとは管理釣り場でサイトでやればもっとはっきりするんだろうけど。

そう言えば、形状的にキラーバグに近い、薄くタイトに巻いたハーズイヤーもそうだった。

漂わせてもだめ。ゆっくりと引っ張っている時に喰った。

このあたりに釣れるフライの何かしらのヒントがあるように思うのだけれど、さっぱりわからない。あははは。

ま、いっか。考えたってオイラの頭じゃ一生わかりっこないんだから。
by udonfly | 2013-12-23 19:14 | もっこく池 | Comments(0)