<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハヤマッタか?

夕立を避けて車で待機してから道具を持って波止の付け根で海を見ていたところで
顔見知りの釣り人たちがやってきた。

いつもの波止は夕方近くになると
自船で夜釣りに出る人が軽トラに釣り具やクーラーを積んで集まってくる。
出航までの仲間待ちの間にどこで釣れたの何で釣れたのと
噂や情報や自慢やなんやでわいわい盛り上がる。

なんとなく巻き込まれて話の輪に入っていたら
持っているルアーを見て
何を釣る?どこで釣る?どうやって釣る?なぜ釣れる?
とポッパーでのチヌ釣りについて説明させられた。
風が強かったからルアーにしたんだけれどフライでなくて良かった。
説明が長くなっておまけに信じてもらえず
変な奴と思われるのがオチだから。

日が傾きかけていてチヌは見えず投げても反応無く
波止の付け根から先端近くまで歩いたけれどノーバイト。
諦めて帰ろうと歩いていて付け根近くでイナッコの群れが時々ざわめいているのを発見。
シーバスがいるかもと投げてみたらチヌが喰ってきた。
追い食いしてるからこりゃ釣れると確信して2投目
ポーズを入れたところでバシュっと喰った。

e0261558_15174493.jpg


48センチ。
いつもはルアーで釣ると写真は撮らないのだけど
(何故なら食べちゃうから。ちなみに地元の人でもチヌなんか、、、、
と食べない人も多いけど、この時期のチヌもなかなかのもんだと思う)
早く帰ってオリンピックの柔道を見たかったし
帰って捌いてっていうのがなんだか面倒臭くて
ということも多少はあったけれど
今期初ということで記念撮影してリリース。

いるのがわかったし、明日からはフライで、と思ったら
台風の影響?風強いし。。。。。。しばらく休漁かしら?
となると、喰っとけばよかったかなぁあ。
by udonfly | 2012-07-31 16:02 | 釣り

ジャシッドーー傾向と対策

たまたま「夏用フライの新機軸」なるタイトルが目にとまり
ぺらぺらとめくっていたらジャシッドの事が書いてあった。

e0261558_17354690.jpg

Fly Fisher 2011 7月号 No.210
オリジナルに近い巻き方のタイプ。
でももともとはバイビジブルだったのにジャングルコックを巻き足したもの。
つい先日までテールがついていたのは内緒。

e0261558_17355015.jpg

「マリナロの軸足」東 知憲
沢田さんの紹介したフロントハックルタイプ。
ジャングルコックの補修ついでに蛍光色で着色したものを使用。
オリジナル指定よりうんと大きい10番なのは
「はじめにジャングルコックありき」でサイズを決めたから。

e0261558_17355478.jpg

モデルはツマグロヨコバイだそうだ。
田舎暮らしで多少なりとも米を作っている人にはおなじみの害虫。
うちも先日予防剤の散布をしたばかり。
浮力を補うためにCDCてんこ盛りしたもはやジャシッドとは言えないタイプ。


ジャシッドほど「釣れる」「釣れない」の評価が分かれるフライも珍しい。
おまけにどちらの評価をする人も案外BOXに入っていたりする。
マテリアルが少々高価なためタイイング初心者にとっては
ある種憧れだったりちょっとしたステータス(低っ!)だったりするかもしれない。
そんなわけで釣れると評判だから頑張って巻いてみたけど
浮力は弱いし見えにくいし、けっして使い勝手のいいフライではないことに気づいても
なんだかBOXからは外しにくくていつまでも入っていたりするのかもしれない。
単純になんだかわからないけど釣れそうな感じがするし。
ちなみに「ジャシッド」でググってみると
かなりの数のそんな複雑な思いを抱えた方々の評価を読む事ができる。


ということはまぁどーでもいいことで、
と言ってもこれから書く事が大切なことということでもなく
ま、どっちみちどーでもいいことなのだが、
先日の釣りでの好反応なフライの傾向のお話。
3枚目のCDCてんこ盛りタイプは○
1、2枚目のタイプは×。

e0261558_17355931.jpg


右側のフライは○、左は×。

つまり、ウイングが左右に広がっているかのようなタイプが良くて
そうじゃないのがあまりよろしくないという傾向があった。
サイズやパターンに関わらず、だからかなりはっきりした傾向と言える。
こんなことは過去に1度しか経験がない。

それはもう10年以上も前の夏の長野の源流域で岩魚狙いの時のこと。
その頃最も信頼していたブラックハンピーパラシュートが反応が悪く
これもクリーンナップだったイエローダンディも不調
どうしたもんかと考えていて前の年に読んだ雑誌の記事を思い出した。
それは「フライの雑誌」だったと思うのだけれど
テレストリアルにCDCを広げてつけたもので爆釣した、というもの。
それを読んですぐに巻いたのがあったハズ。
それを使い始めたとたんに小さいけど岩魚がぽんぽん出始めた。
帰りに無反応だったところをやってみたらやっぱり出た。
こりゃスゲーや、と量産した覚えがある。
その時以来2度目の経験。

ちゅーこともあってなんとかお腹の中身を見たかったんだけどなぁ
という、それだけのお話です。
羽拡げパターンのおすすめではありませんので悪しからず。
というか、使わないでね、釣れちゃうから。




東先生に質問。
オリジナル指定の「金属光沢のあるフレミッシュ・ジャイアントのネック」って何?
「フレミッシュ・ジャイアント」でググるとうさぎさんしか出てこないんですけど。
「フランスの巨人なるうさぎさんの金属光沢のある頸のところ」?
まさかね。そういう鶏がいるんだろうけどね。
ま、ありえないけど、お目に留ればおよろしく。
by udonfly | 2012-07-29 18:58 | タイイング

テレスト腹?

昨日この夏最後のつもりで愛媛の超有名どころに行った。
思ったより水も多く、朝はとても涼しく、こりゃ快適な釣りができるかも
と思ったのは入渓するまで。

丁寧にやればいいサイズも出るのだろうけど、
激しいクモの巣にイライラして集中力が続かない。
途中ティペットの交換4回、手応え無くフライが切れてなくなる事2回。
もうウンザリだわ、と昼前には終了。
毎日のように人が入るこの川でこれでは他の川はさぞかし、、、と思う。


で、とりあえず数匹釣ったちびっ子のうちの2匹。
e0261558_2124068.jpg

e0261558_2124533.jpg


2枚目の方がわかりやすいかな。
どちらもお腹がぷくぷく。というか、ごろごろ?
さわるとけっこう固い感じのものが入っていそう。
テレストリアル喰ってる腹だなぁ、と思って
クモの巣との格闘にも疲れてたのでストマックをやってみた。

e0261558_2125039.jpg


失敗。。。。。。。。
かなりグロいのを覚悟してたんだけどデカイのは採れなかった。
ニンフが10ミリくらい、右のアントは3ミリくらい。
(ちなみに釣ったフライは10番のジャシッド(CDCてんこ盛り)なので
 これだけならまるでマッチしてないことになる)
で、この後釣れなかったので調査は強制終了。
謎は謎のままに。






まだ聞いてないけどLWさんにいい情報があるみたいだし
テジロ(アブ)も怖いけど
もう1回、行こうかなぁ。。。。。。。。
by udonfly | 2012-07-28 21:36 | 釣り

フライ de チヌ 開幕!?

e0261558_17103988.jpg


ここ何日か、夕方、ちょいとチヌの様子見に出かけているのだけれど
ボラの大群が接岸してるけれどチヌは見えず
そんな中たま〜にスプラッシュボイルがおきるって状況で
ルアーを投げてもボラがスレでかかったり
恐らくフッコクラスのシーバスのあたりが1、2回あるくらいで
あまりイイ状況とは言えない。

e0261558_165965.jpg


午前中なら光線の具合から水中もよく見えるし
潮の具合も上げの5分くらいでちょうどいいかも
と本日はフライを持って昼前に覗きに行ったのだけれど
見事な横風で投げにくいワ少し濁ってるワで
早々にサイトはあきらめシーバスでも、と
フローティングミノーやらクラウザーやら投げてみるも
1回だけフライの下がギラッとしただけだった。

e0261558_16591160.jpg


別の場所ではシーバスも入って来ていると聞くし
そろそろチヌもいいはずなんだけど
フライでチヌ開幕戦は完敗、というか戦う前に負けていた。

ということでチヌのかわりにタヌでお茶を濁そう!
by udonfly | 2012-07-25 17:32 | 海のフライ

坊ちゃんスタジアム

e0261558_20565773.jpg


釣りの前日は坊ちゃんスタジアムで今期2回目のプロ野球観戦。
前回は一番前の席で、今回は一番後ろの席。
ま、考えようによっちゃあ、全席制覇みたいな。

やっぱり野球はオープンエアに限りますね。
前回は雨が降ったりやんだりで「ドームだとよかったのに」
なんて思ったりしたもんだけど
晴れてさえいればこの開放感と気持ちよさはドームでは味わえない。
近くを流れる重信川や土手を散歩するワンコや時々通るアンパンマン電車や
そんな球場外の風景も合わせての「野」であり
そこでの「球」遊びが野球なのだと再認識させられる。

試合じたいはやっぱり「余興」みたいな感じで緊張感に乏しいし
回毎のチアガールやキャラクター、あるいは地元の方々のパフォーマンスは
当然のことながらぐだぐだなのだけれどそれもご愛嬌。
そんな中、グラウンド整備はなかなか魅せてくれた。

e0261558_20575100.jpg


それと横浜の「スターマン」?

e0261558_20571054.jpg


他の球団のキャラクターたちが絡みにくそうだったぞ。
結果、一人で群れから離れてぽつねんとしていることが多く
途中から、なんか、ちょっと、くやしいかな、
可愛く見えてきてしまったりもするんだな。

カープのマエケンがMVPとったしカープの野村も投げたし
堂林はちょっとイマイチだったけど可愛かったし
カープファンの相方は概ね満足したようで良かった。
ワタクシ的には横浜の三浦の超スローボールを生で見たかったんだけど。
あれこそ今もっとも生で見る価値のあるものだと思うのは
ワタクシだけではあるまい。。。。。。。
by udonfly | 2012-07-24 21:38 | その他

夏の山の釣り

e0261558_2142283.jpg


通い慣れた人には何でもないのかもしれないけれど
想像以上の迫力に圧倒されてしばらくボーゼンと眺めていた。

すごく行きたいのだけれど多分一人で行く事はないだろう
と思っていた渓に一人で行ってみた。
前日松山のプロショップ リトルウイングの店長に詳しいことを聞き
入念にイメージトレーニングとシミュレーションをし
無事一番乗りをはたす。

教わった通りに無事入渓。
で、息をのむ。
結果的には特に危険なところも無く
常識的な範囲で十分に緊張感を持って臨めば何とかなる渓だった。
残念ながらゴミを平気で捨てるような輩に頭をはねられてしまい
一番のおすすめ区間ができなかったけれど
お気に入りリストにはいるね、まちがいなく。

e0261558_21415290.jpg


入渓してすぐに釣れた25センチ。

とはいえ、遡行に一杯いっぱいでかなりのポイントをパスしてしまった。
おまけに相変わらずのノラナイ病。
尺クラスと見える魚が出たのは1回だけだったけれど
8〜9寸クラスは相当出た。

e0261558_2142899.jpg


久々に見るフタスジモンカゲロウ。
夏の山の釣りだなぁ。幸せ。
秋にもう1回行こ。
by udonfly | 2012-07-23 22:14 | 釣り

朱色 橙色

e0261558_2134968.jpg


先日の釣りの時、曇っていたんだけれど時々日が射す時があって
たまたまその時結んでいたこのフライがやたら明るくて良く見えた。
ということで、これからピーカンでの釣り用に幾つか巻いてみた。

ウイングに使用したのはトラゴパン。

e0261558_2135554.jpg


ついでにハックルもオレンジにしたれ、と
レオンの橙染めとグリズリーの朱染めのミックスで。

e0261558_214184.jpg


派手ハデしいのが巻けました。満足。


こういう派手な色って渓流用としては最初は結構抵抗があった。
こんな虫いないじゃんとか思って。
しかし、よくよく見ると甲虫類なんか派手だし。
ということでだんだん抵抗感が薄れてきた。
それに、橙色って、釣れるし。

自然界にも派手な色っていっぱいあるのね。
先日見たベスト落ち葉。

e0261558_21211553.jpg


模様がなかなかゲージツ的でしょ。
by udonfly | 2012-07-20 21:29 | タイイング

梅雨があけた「ようだ」

e0261558_11454763.jpg



梅雨もあけたし、水量も大分落ち着いた。
駐車スペースに車もなくとりあえず入りたい所に入れそうだ。

一度でも爆釣に味をしめると期待しすぎていかんのだが
そんなことはよくわかっているのだが
やっぱりたくさんの新しい踏み跡を見ると
とたんに不安が広がり始め
多大な期待と妄想をしていた自分に気がつくのだ。

遡行は快調だが案の定魚の出は悪く
今日は大きなフライで勝負の予定だから
ティペットは5Xをつけてきたのだが
小さいフライにすればぁ?ティペット落とせばぁ?
との悪魔のささやきについつい負けそうになる。

それでも良型がたまには出るので(ことごとくフッキングしないが)
続けているとようやく本日1匹め。
妄想していたのよりは大分小さいが。

明らかに26、7センチはあるだろう
と見える魚も時々出たり見えたりしているが
良い時と比べると数が少ないしスレている。
もっとイージーなハズだが。
それが自然条件のものか人的プレッシャーによるものかがわからない。

結局、まともに釣れたのは3匹というこの渓での最少記録。
時間は十分あったのだけれど足が心配だったので最後の分岐点で終了。
この渓の実力はこんなもんじゃないハズなんだがなぁ。
ま、入れただけ良しとしよう。

e0261558_1146346.jpg


入りきらないので途中で何本かはボックスに戻した。
右下の一番小さいので14番、他はフックサイズで8番。
小さいのは5Xに14番ってどうよ?と試しに結んでみた。
釣れない時の迷いが見えますな。


<編集しました>
拾い物の告知をしていましたが
無事落とし主の手元に還りましたので
写真と文章を削除しました。
よかったよかった。
by udonfly | 2012-07-19 12:44 | 釣り

閉幕宣言

e0261558_2193912.jpg

となりの海水浴場から流されてきたと思われるワニ。↑
お達者でぇ〜。



というわけで、今季のアオリイカのエギでの釣りは本日を持って終了いたしました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。


一応結果発表いたしますと、、、、、、、、



でありました。ちーん!

キロクラスも含めて何杯かは見かけたんですけどねぇ。
着水と同時に抱いてきたのもいたんですけどねぇ。

今年は色々な理由であちこち行かず一カ所だけでやりました。
おかげで多少この場所の傾向はわかったと思います。
来年は間違いないでしょう。たぶん。だといいな。

ちなみにモンゴウイカは大中2杯釣りました。
刺身とバター炒めでおいしくいただきました。

次の大潮まわりまでは釣れそうな感じもあります。
が、本日あまりの風でエギをあきらめマゴチ狙いでジグを投げていて
がつんとあたってそのまま走られ100メートル近くラインを出され
仕方なく少しづつドラッグを閉めていたらPEとフロロの結び目で切れました。
多分スズキに近いフッコですね。
ということで今後はシーバスとマゴチとアコウとチヌとキスとアイナメと、、、、
まぁ、釣れるんならなんでも狙いとなります。
それに8月の終わりにはもう秋イカがはじまりますし。


で、この場所は遠浅なのでフライでチヌが狙えます。
ここ何年かポッパーやら落とし込み風なやり方で狙ってきました。
最近、干潮時にじゃばじゃば行けば
回りを気にせず振れそうなことにようやく気がつきました。
ま、水遊びの子らがいなければ、ですが。
浜名湖は遠いので近場で「サイトの黒鯛」チャレンジです。
フライでは「もうちょっとで喰いそう」って所までは行くのですが
いまだ釣れていません。
もっとも川がテジロ(アブ)で行きたくない8月だけですが。
ちなみにルアーのポッパーでは50クラスを毎年何本か釣っていますので
可能性はあると思っています。




ああ、でも、もう1杯くらい、モンゴウイカ、たべたいなぁ。。。。。
by udonfly | 2012-07-15 21:54 | その他

あくまでも、、、

e0261558_16234315.jpg


終了宣言しているのであるからして
キャスティングの練習であるからして
釣りではないのだからして
釣れたかどうかは聞いてほしくないわけだが
いや、聞かれてもいないわけだが
1時間ほどの練習中1回のあたりもなかったということを
一応伝えておくのもよかろうと思う。

キャスティングの練習って
釣りとは違った楽しさがあって
その楽しさは、あぁ、いい汗かいたぜ、的な?もので
スポーツのそれに似ていると言えるかもしれないと思うわけで
その意味ではいっぱい汗をかいた今日は
とても楽しかったというべきであろうか?



ちょっと違うような気がする。
by udonfly | 2012-07-08 16:48 | もっこく池