撮る!

相変わらず画像サイズを小さくしないと載せられない。

そりゃまぁ、1点500kb以下にしろってールールになっているようなので文句は言えないが。

でも、めんどくさいんだよね。






で、一週間ほど前。久しぶりのいのくまさん。(猪熊弦一郎現代美術館 丸亀)

常設のいのくまさんの作品では、今回、なぜかお魚が目につきました。

e0261558_18011815.jpg
e0261558_18012487.jpg
企画展の方は「じつはいろいろあるんです!」というタイトルでいのくまさん以外のコレクションを展示。

実際いろいろあって面白かったんだけれど、特に写真作品が数が揃っていて見ごたえありました。

杉本博司氏の水平線の写真やら色々と考えさせられる作品の多いホンマタカシ氏の「Together」はもちろん面白かったし

ごく初期の作品群と広島の原爆被害にまつわるお仕事しか知らなかった石内都さんの織物を撮った作品群も

広島のシリーズとの連続性と相違を感じて興味深かったです。

写真以外でも、小さい草をあちこちに生やす須田悦弘氏の作品にも随分前のセトゲイ以来のご対面ができました。

で、最大の「発見」は鈴木理策氏の写真。1点のみの展示でしたがボーゼンとしてしまった。

2年ほど前には個展やってたんですねぇ。ウーーーーン、残念。

これまで知らなかったことを大いに後悔しました。

やっぱり何でもそうですが、とりあえず見てみないといけないなぁ、と思い知らされた次第。

ぜひ!と皆様にもオススメしたいところでありますが、毎度すいません、本日まででありました。。。。






そんな感動を抱えながら美術館のカフェでご飯を。たどり着くまでにスマホで写真を撮る。撮る。撮る!

e0261558_18013172.jpg
e0261558_18013509.jpg
e0261558_18014009.jpg
e0261558_18014942.jpg
e0261558_18015835.jpg
e0261558_18020200.jpg
健さんの映画見て外に出たら肩で風を切って歩く、みたいなもんですなぁ。感化されすぎ。

いや、しかし、いい体験でありました。




by udonfly | 2017-05-28 18:41 | その他 | Comments(0)
<< 1ヶ月前 「尺イワナを釣りに行きませんか?」 >>